HOME >> 新築事例 >> H様邸:八戸市

八戸市H様邸
  平成27年6月完成

 お母さんとの同居を機に新築を計画していたご家族。「せっかく建てるなら本物の木を使った家にしたい」と、お施主様が求めていたのは「安心して長く住み続けられる住まい」でした。
  玄関には、津軽金山焼きが敷かれ、深みのある風合いが懐かしいです。 ドアを開けると、無垢の木の香りが出迎えてくれます。 上がり框は木目の硬いケヤキ。 床は、肌ざわりの良い厚いスギのフローリング。スギの書棚、タモのカウンター、リビングのケヤキの階段は、すべて造作です。
 階段の親柱に使った変木は、大工の精緻な技術により施工されています。 スギで造った建具は、木目が美しいです。 木にこだわり、木の特性を知り尽くした技術が随所に光ります。 リビングの壁面には十和田石を貼り青色は鉄分で、マイナスイオン、遠赤外線効果があります。 南東の2面に配した深い軒の柱は丈夫なクリ、桁は太くて長いスギ。 夏は陽射しを遮り、冬は室内に採り込み、省エネ効果もあります。「軒のおかげで夏も涼しいですよ。今年の夏は猛暑でしたが、その効果を実感しました」と、お母さん。本物の木が醸し出す風格は、青森に合う快適な住み心地の住まいです。

リビング 本棚
大工さんの手作りです。既製品とは違う味わいがあります。脇のカウンターでゆっくりと読書をしながらくつろげます。
2Fホール
広々としたホールは将来的には間仕切りをして部屋にする事が出来ます。ライフスタイルに合わせて間取りが変更できて便利です。
リビング
天井は斜め目透かし張りで、空間に奥行きが出て広く感じられます。スギのフローリングの感触が温かいです。
玄関
土間の津軽金山焼きと上がり框のケヤキが優しい雰囲気です。
木の香りに癒されます。
下屋
季節に合わせて、太陽の光を取り込んでくれるので快適に過ごせます。洗濯物を干したり、自転車を置いたりと活用出来ます。