HOME >> 新築事例 >> S様邸:六戸町

六戸町S様邸
  平成26年6月完成

  南面にある下屋は、夏の雨と日よけに、冬は雪と寒さの対策になり青森の気候風土には最適です。軒天には青森ヒバを張り、杉の8寸角の桁を硬い栗の柱で支えています。
 奥様は下屋は欲しいけど部屋が暗くなることが心配ということなので、リビングと和室前の下屋にはトップライトを付けて採光できるよう配慮しています。
 玄関を開けると、上がり框の木の目と色が上品です。玄関フロアから長い廊下があり、無垢の杉板でとても心地よいです。
 青森ヒバをトイレの壁とカウンターに使い、ヒバの香りが心地よく、癒しになります。
 旦那様はアメリカ人なのでホームパーティーがあり、家や庭は人を招き入れるように工夫されています。

軒の深い下屋
自転車やバーベキューコンロなどを置いておけます。バーべキュー時に雨が降っても下屋で行えます。
リビング
キッチンとの間の見せ梁が特徴的です。窓の両脇に収納棚を設けました。
子ども部屋①
2つある子ども部屋の一つです。ベットが壁に埋め込んであります。子ども部屋②と同じ壁に設置してあります。
子ども部屋②
子ども部屋①と同じく、ベットが壁に埋め込んであります。ベットの上スペースには子ども部屋①のベットがあり、スペースを有効活用しています。