HOME >> 新築事例 >> Y様邸:むつ市

むつ市Y様邸
  平成26年9月完成

 下北半島のむつ市で静かな住宅街。西は釜臥山・南はむつ湾・北は太平洋がありと山と海側から、強い風が吹く場所です。 下北は青森県の中で冬は特に寒さの厳しい場所で、昔から、屋根に積もった雪が軒先から氷となって内側に巻きこみ、更に凍結して膨らむ(方言で、すがもり)、軒と外壁を壊すことがよくある地域です。 大きなアール屋根は、軒先が3メートルあり、屋根の補強のために登り梁を、方杖で支え強度を増し、大屋根にすることによりダイナミツクな外観に仕上げ、木の持つ強さをアピールしております。 冬は、雪を家から距離のある場所に落とし屋根・軒先・外壁を守る構造となっております。屋根からの落雪は外壁から離れるので家にもやさしく除雪の負担も軽減されます。夏は、大きな屋根は強い日差しをさえぎり、暑さからも守ります。屋根の下は、車を置いたり、ちょっとした活用の場に出来そうです。  玄関ドアを開けると、吹抜けの階段の開放感があります。上り框はケヤキを利用し、床はスギ厚3cmで素肌からは木の温もりが感じられ、スギの心地よさが体を癒してくれます。床・建具・建具枠をオフホワイトと茶色に着色し2色に仕上げ、すっきりとしたおしゃれな配色にしました。 4寸の、木材を沢山組むことで、頑丈な造りになりました。

キッチン
無垢の床材を塗装して落ち着いた雰囲気に仕上がりました。床材と建具等の色を合わせることで統一感がでます。
床の間
小さな床の間を作りました。
お花や小物を飾るとオシャレですね。