>
HOME >> 新築事例 >> T様邸:七戸町

七戸町T様邸
  平成23年9月完成

 「木の家で生活を楽しみたい。」というご夫婦が、家づくりの勉強をし、やっと家が完成しました。敷地周辺は、自然豊かで積雪量の多いところです。外観の下屋は、夏は太陽の暑い日射と風雨から、冬は風雪・積雪から家と人を守り、四季のある日本に必要な伝統文化のひとつです。軒桁の太いスギの長材を固くて丈夫な太いクリの柱が力強く支えています。玄関の戸を開けると6畳の広さがある土間があり、リビングとのつながりがとても開放感があります。
 土台は青森ヒバ、躯体の柱はスギの4寸柱・桁・梁など県産材をふんだんに組み入れています。内部の床は厚板スギ、梁は太いスギ・アカマツ、柱は太いスギ・クリ、壁はスギ・青森ヒバです。住む人が安心できるように大工職人魂が行き渡った、手造りの頑丈な木の家です。家が出来上がると巣立った子供らが帰ってきて、家族が集まり、より一層、「家族の絆」が深まったそうです。

 玄関土間です。スギの棚には、家族の思い出を形にした奥様の手作りの品が飾られており、ケヤキの小上りが懐かしさあふれ、ギャラリーと茶飲み場にもなります。  暖房は薪ストーブ一台なので、暖かな空気が行き渡る設計にしております。薪はご主人が山の手入れをしながら調達しますので自然の循環にもなります。 大き梁が特徴的なリビングです。外の庭を眺めながら、ゆっくりくつろげます。穏やかな時間が流れます。
 スギの飾り棚がついたキッチンです。
陶器や鋳物などが置いてあります。
『見せる収納』で、おしゃれに収納できますね。
 玄関前から張り出している下屋が、強い日差しや風雪・雨から家を守ってくれます